守り髪トリートメントは、守り髪トリートメントと同じく、ノンシリコンシャンプーとなっています。

ノンシリコンシャンプーは成分的に髪に優しいがある一方でデメリットもあります。

それがパサつくということです。

守り髪はノンシリコンシャンプーですので、髪はパサつくと考えられますが、実際のところはどうなのでしょうか?

 

守り髪シャンプー&トリートメントにシリコンが配合されていないワケ

シャンプーといっても様々な種類がありますよね。

  • シリコンが配合されているシャンプー
  • シリコンが配合されていないシャンプー

両者の違いは至ってシンプル。シリコンが配合されているか否かです。

では、シャンプーにはなぜシリコンが配合されているのでしょうか?

それは髪のツヤを出すためです。

 

え?守り髪でもツヤ出せるって言ってなかった?シリコン入ってないよね?

 

そう思いますよね。

実はシリコンのツヤは嘘のツヤなんです。

 

シリコンは髪の毛の表面をコーティングし、ツヤを出すために使用されています。

結果としてツヤが出で髪の毛が綺麗になったと思われがちですが、残念ながら髪の内部は傷んだまま!

髪にいいどころか、むしろ髪に悪いのがシリコンなんです。

 

守り髪は傷んだ髪を改善する目的での使用を目的としてシャンプーです。シリコンでは傷んだ髪を根本から解決出来ません

これが守り髪シャンプー&トリートメントにシリコンが配合されていない理由です。

シリコンを使用しなくても髪内部のダメージを改善すれば髪の毛は自然とツヤが出てきますので、ご安心ください♪

 

守り髪はパサつくの?

シリコンは髪の毛のツヤを出すことが出来ますが、シリコンが配合されていないとツヤが出せませんのでパサつくかと思われます。

実際に守り髪トリートメントの口コミを見てみると、「パサつく」といった口コミが見られましたが、ごく一部の口コミでした。

守り髪にはノンシリコンでのパサつきを抑えるためにナノリペアーという成分を配合してます。

ナノリペアーは守り髪の主要成分で以下の効果に期待ができます。

  • ツヤを出す
  • ダメージ補修
  • パサつきを抑える

ここで注意が必要なのはナノリペアーはドライヤーを使用しないと効果を発揮できないということです。

ナノリペアーは傷んだ髪に浸透していき、ドライヤーの熱によって髪の毛と結合します。

お風呂上がりには髪の毛のキューティクルを閉じるためにもドライヤーは使用した方がいいですし、守り髪トリートメント&シャンプーを使う上でドライヤーは必須です。

 

さいごに

守り髪トリートメントはノンシリコンとなっていますので「髪の毛がパサつく」といった口コミも見られたのは事実ですが、それは少数の口コミでした。

守り髪になナノリペアーが配合されていますのでパサつきは最小限に抑える事が出来るかと思います。

それよりもシリコンで髪の毛をコーティングして髪内部は傷んだままというのは危険だなと思いました。

シャンプーでノンシリコンシャンプーを使っても、トリートメントでシリコン入りを使ってしまったら意味がありません。

どうせノンシリコンにするならばシャンプーもトリートメントも両方ノンシリコンにするのが効果的でしょう。

 

>>守り髪シャンプーの3つのデメリット