守り髪シャンプーは髪の毛にハリやコシを与え、健康な髪の毛に向上させる事が期待できるシャンプーです。

守り髪シャンプーは、ノンシリコンアミノ酸シャンプーということもあり、極限まで頭皮や髪の毛に優しい成分で作られています。

そんな傷んだ髪の為に作られた守り髪シャンプー&トリートメントは、口コミでも好評ですが、

このサイトでは逆に、守り髪デメリットを伝えていきたいと思います。

守り髪を批判したいわけでなく、私自身、良いところもだけでなく悪い部分も購入前には知りたいと思うのです。

悪い部分を理解して購入するかどうかで、守り髪の効果までも変わってくるかと思いますので、最後までごらんくださいませ。

 

守り髪は効果が出るまで時間が必要

まずは初めの守り髪のデメリットは、効果が出るまで時間がかかるということです。

守り髪はどんな特徴が合ったでしょうか?

  • 髪にハリをもたせる
  • 髪にコシをもたせる
  • 保湿効果でまとまりが良くなる
  • 髪全体にふっくらとボリュームが出る

これらの効果が出るまで多少時間がかかるということです。

とはいいますが、これは守り髪だけに限らず、そのヘアケアシャンプーでも当てはまることでもあります。

髪の毛はダメージが深刻なほど改善に時間がかかってしまいます。傷跡と一緒ですね。シャンプーを変えたからいきなり綺麗な髪質になったなどという事は一切ありません。

髪の毛のダメージはデトックス効果により徐々に改善していきます。

デトックス効果といいますのは、体内に溜まった有害な毒素を体外へ排出させることです。シリコンや石油やアルコールで弱った髪の毛を一度元に戻してあげる必要があるのです。

そのデトックス効果が完了するまでの期間はだいたい3ヶ月と言われています。

つまり、、、守り髪の効果を発揮するには約3ヶ月の期間がかかるということです。髪の毛の傷みが少ない方はもう少し早く効果が発揮出来るかと思いますよ。

繰り返しますが、これは”守り髪だから”というわけではなく、髪の性質上仕方ない話ですので他のシャンプーでも当てはまることです。

 

守り髪の洗浄成分は少し強め

守り髪シャンプーはアミノ酸シャンプーですので肌や頭皮に優しい特徴があります。

なぜ肌に優しいのか?

アミノ酸シャンプーの主成分はアミノ酸で構成されており、人間の肌や髪の毛もアミノ酸で構成されているからです。

シャンプーと身体を作る成分が同じということは、身体に馴染みやすいということでもありますので、刺激が少なく、敏感肌・乾燥肌・赤ちゃんでも使える事が出来るのです。

しかし、そんなメリットがあるアミノ酸シャンプーですが、デメリットも存在します。

それが洗浄力が弱いということです。

アミノ酸シャンプーの刺激が少ない理由には洗浄力が弱いという背景があるのですが、シャンプーですので洗浄力が無くてはいけませんよね?

それで他に洗浄成分を配合しているアミノ酸シャンプーが多いのですが、守り髪で配合している洗浄成分にちょっとデメリットがありました。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

という洗浄成分が配合されていたのですが、この洗浄成分は少し刺激が強い事で有名な成分でもあるのです。

(刺激が強いといっていますが市販のシャンプーと変わらないぐらいです)

他にも3つ洗浄成分が配合されていましたので、それらの成分の比率が多いのでしょうが、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naがシャンプーに入っているのはデメリットと言えるでしょう。

とはいいますが、口コミではアトピーの人も問題なく使用していたみたいですので実際に使って見なければ分からないというのが本音です。

また、副作用やアレルギーが心配される成分も配合しておらず、幅広い人に使いやすいシャンプーだと思いました。

一応、

  • パラベン
  • アルコール

といった成分が配合していましたので拒否反応がある方はお避けください。

パラベンは何十年も前から使用されている安全な防腐剤ですので、そこまで気にする必要はないかと思いますが。。。

 

匂いが強めで男性にはキツイかも

シャンプーといったら、家族で共有する人も多いのでは無いでしょうか?

  • 旦那さんと共有する
  • 子供と一緒に使う

これらの事をお考えでしたら、匂いについて考えなければいけません。

守り髪シャンプー&トリートメントは女性向けに販売されている商品ですが、男性が使ってはいけないという制約はありません。

しかし男性が使う上で注意しておきたいのが、シャンプーやトリートメントの匂いです。

守り髪の香りはアンティーク・ローズの香りです。アンティーク・ローズというのはバラの香りです。

守り髪シャンプー&トリートメントは匂いが強い傾向にあるので男性が使うと匂いが髪に残り、気になる人が多いと思います。

そういった面ではデメリットになるかと思いますが、女性だけに使用でしたらあまり関係のない話でもあります。

守り髪の3つのデメリット

最後に守り髪の3つのデメリットをまとめると、

  • 守り髪で効果を感じるには時間がかかる
  • 守り髪の洗浄成分は少し強め
  • 匂いが強めで男性にはキツイかも

これらのデメリットがありますが、そんなデメリットを上回るメリットがあるシャンプーでもあるのが守り髪です。

 

そもそも守り髪の「アミノ酸シャンプー」って何?

守り髪はアミノ酸シャンプーであり、アミノ酸シャンプーは安全性が高いということをお話しましたが、

  • 他にはどんなシャンプーがあるのあ?
  • どんな特徴があるの?

といった事が気になるかと思います。

守り髪のアミノ酸シャンプーはどんなシャンプーなのか紹介してきます。

シャンプーというのは大きく3つに分類することが出来ます。

  • アミノ酸系
  • 石油系
  • 石鹸系

それぞれ主成分が違っており、洗浄力も異なってきます。

この中でも一番刺激が強いとされるのが石油系シャンプーです。薬局やドラッグストアなどで市販されているシャンプーのほとんどは石油系シャンプーです。石鹸系シャンプーは刺激は比較t系緩やかな傾向にありますが、髪の毛がごわつくといったデメリットがあります。

そして守り髪が含まれるアミノ酸系シャンプーは身体への影響が少ないシャンプーです。

アミノ酸シャンプーは他のシャンプーに比べて値段が高い傾向にあるため薬局やドラッグストアでは販売されていない事が多く、ネット通販限定のシャンプーであることが多いです。

 

ではアミノ酸シャンプーはどんな人が使うべきなのでしょうか?

アミノ酸シャンプーは頭皮や髪の毛への刺激を最小限に抑えて洗うことが出来ますので、乾燥肌や敏感肌の人が使うべきシャンプーです。

また、アミノ酸シャンプーは頭皮の保湿効果を高める事もできますので、フケに悩んでいる人に最適なシャンプーと言えるでしょう。

フケが出る原因がほとんどが乾燥ですが、まれにシャンプーだけでは治らない人もいますのでそういった方は一度病院で見てもらうことをおすすめします。(皮膚科です)

 

守り髪の泡立ちが良い理由

守り髪シャンプーの口コミでは「泡立ちが良い」と評判です。

守り髪はシャンプー・トリートメント共にノンシリコンで作られています。ノンシリコンは髪に良いことではあるのですが、シャンプーにおいては泡立ちにくいとったデメリットがあります。

シャンプーで泡立ちにくかったら嫌ですよね?

泡立ちが良くないノンシリコンシャンプーのデメリットを解決するために守り髪では、ある成分を配合しています。

それがソープナッツエキスという成分です。

この成分は昔から石鹸などに使用されている安全な成分でもあり、泡立ちに期待ができる成分でもあります。

実際に口コミを見てみると、守り髪使用者の95.2%が「泡立ちが良い」と評価しています。

ですので、守り髪はアミノ酸シャンプーでありながら泡立ちが良いシャンプーと言えるでしょう。

守り髪の口コミを見たい方はこちら

守り髪の口コミ